体験学習・【えつけコース】
えつけコース体験
オリジナルのデザイン 、 旅の思い出 、 未来の自分へメッセージ 、 家族の人へプレゼント
・・・ いろんな思いを器に込めてください。
小筆
絵付作品
作品をつくりましょう!
絵付け体験の工程
素焼き
この3種類の中から好きな器を選んでください
1.  素焼きすや の説明

「素焼き」といって約600℃の低い温度で焼いた器に絵を入れます
まだ半焼状態の器なので、こわれたりしないよう扱い方の注意点などを説明します

* 素焼きの寸法 *
下書き用紙(PDF)は、絵をクリックしてください
2. 鉛筆で下書きをします

鉛筆で描いた線は あとから書道用の小筆でなぞりますので 絵は大きめにゆったり描くのがおすすめです


※ あらかじめデザイン画を決めておく場合は
左の絵をクリックすると実物大の下書き用紙がでてきますよ

なぞります 3. 絵具でなぞります

呉須ごすという陶芸用の絵具で描きます。焼くと藍色に発色し、筆跡がイキイキと表れます。水墨画のように濃淡をつけても面白いですよ、筆に迷いなく勢いにのって描いてみましょう!

この呉須を使って描く装飾方法は「染付(そめつけ)」として親しまれています

 
仕上げ
みなさんの作品が焼き上がるまで

~ 1ヶ月半くらいで完成します ~
まっしろけ 4.  釉薬うわぐすりがけ

釉薬を掛けてコーティング。
この装飾技法は下絵付けといい、釉薬の下に絵が描いてあるので、どんなに使い込んでも絵が消えてしまうことなく、器に込めた思い出も鮮やかなままです♪

窯焚き 5. 本焼き

窯の最高温度は約 1270℃、33時間ぐらいかけて焼き上げます。焼くと釉薬が溶けて透明になり、絵がくっきり浮かび上がります

焼き上がりました 6. 窯出し

窯の火を止めてから7~10日間かけて窯を冷まします。温度差をなくすことで釉薬の表面に入るヒビを防ぎます

さぁ、思い出のつまった器が完成しました



◆ えつけコース ・ ご案内 ◆
※こちらのコースは 修学旅行、学校行事など、体験学習を目的とされる生徒さんが対象です※

制作品・料金 
( 税込 )

【 湯 のみ 】   825円
【マグカップ】  1,045円
【  お 皿  】   935円

参加人数 1名様~
体験時間 約30分~40分くらい  (作品の焼き上がりは約1ヶ月半後です)
受付時間 9:00 ~ 16:30
お問い合せ
ご予約
TEL 0242-(26)-2507
FAX 0242-(26)-2503

焼き上がった作品は、学校にお送りします。
送料はこちらです(1校全員分の金額です)

土きど器工芸館
体験場 「土きど器工芸館」
どきどき工芸館ギャラリー
▸▸▸ 手びねり体験学習 こちらからどうぞ
● 体験学習・もくじ ●
手びねり体験学習
えつけコース


● 慶山焼 コラム ●

慶山焼とは?
やきものは何からできているの?



体験学習用リーフレット