体験学習・【慶山焼-けいざんやき-とは?】

慶山焼は文禄元年(1592年)
会津藩主・蒲生氏郷公が
黒川城(のちの鶴ヶ城)の屋根瓦をつくるため、
慶山の地に窯場を築き、瓦を焼かせたのが
はじまりとされています。
さらに茶道が盛んになるとお城の
御用窯として茶器をつくり
そして時代の流れと共に、壷、丼、鉢などの
製作へと移り変わっていきました。

鶴ケ城
現在の慶山焼

現在は日常に使う器へと
発展しました。
昔ながらのつくり方は
変わらず、ケヤキの木を燃やした
灰から発色させる
灰釉(はいゆう)が特徴です。



「器は使えば使うほどツヤが出て、
色が深くなって味わいが増してきます。
生活の中で使って楽んでいただける器でありたいという
願いを込め、制作に励んでおります。」

陶工
陶主 曲山 靖男
(まがりやま やすお)
● 体験学習・もくじ ●
手びねり体験学習
えつけ体験学習


慶山焼とは?
やきものは何からできているの?
芸術はバクハツだ!?
♪世界にひとつだけの作品



体験学習用リーフレット