会津慶山焼・季節の器のご提案BackNumber
会津慶山焼・季節の器のご提案
BackNumber
ここは、2018年07月の記録です。

慶山焼へようこそ
7月 * 夏に出番のやきもの *  
酒差し・ぐい呑

【 酒差し・ぐい呑 】
日本酒ブームから お酒のタイプも豊富となり、 夏には夏のお酒がつくられているようですね。さらりとした飲みやすさが人気のようです。
酒器も涼しげなブルー釉で、徳利より注ぎ口の広い酒差しを夏用に見立てて ご紹介させていただきます。 氷を入れてたり、レモンを浮かべてカクテルのようになどなど 夏の味わいと一緒にお楽しみいただけると思います。

ブルー酒差し はこちらです

酒差し・ぐい呑

【 そば猪口 】
「一面、白い そばの花畑」となる初夏にはソバの花ウォーキングが開催されるほど、 会津は蕎麦の産地です。そばの実を収穫して、今が夏そばの旬。
清涼感たっぷりの粋な夏蕎麦の季節に合わせ、そば猪口も涼しげにしてみました。 土もの(陶製)の器は 中身の温度を持続させるため、保冷効果があり夏にも活躍です。
七夕さまには、そうめんに星に見立てたオクラを浮かべて・・・

線彫そば猪口 はこちらです