会津慶山焼
ろくろがまわる
いらっしゃいませ!
あなたは1998年12月24日
クリスマスイブより

人目の陶芸家です。
伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
2017.10.14 慶山焼・曲山貴子です。

寒暖の差がはげしくなり 一日ごとに秋の深まりを感じます。 紅葉だよりが福島県内のニュースでも伝えられ、見ごろを迎えた山は赤色があざやかとのこと、嬉しくなりますね♪ 会津磐梯山もほんのり色づき お店にいらしたお客様によりますと、裏磐梯の登山口がとても賑わっているようです。
会津若松市内の街路樹はプチ紅葉狩り気分が楽しめるくらい。鶴ヶ城の紅葉ライトアップは20日金曜日からですので、ぜひとも温かな格好でゆっくりお楽しみくださいませ。


もくじ
陶芸教室
工房
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
体験学習


慶山焼へようこそ
10月 * おいしい秋、みつけた *  

秋たけなわ。十五夜お月様に染まりゆく紅葉。晩秋の景色がゆっくり移ろいます。
味覚の秋も到来し、今が旬とばかりに新鮮なものが次から次へと食卓に並びます。
今年の味はどうかしら・・・いつもの定番の器から 少し変化を楽しむ秋の器のご提案です。

十草酒盃

【 十草酒盃 】

10月1日は「日本酒の日」です。
新米で新酒が造られる祝いの日、また春先に造られたお酒が熟成して飲み頃を迎える「秋あがり」の時期になるそうです。
この日は会津でも鶴ヶ城にて全国一斉乾杯のイベントを開催。 愉しいお酒は心をも円やかにしてくれそうですね。「実りの秋に乾杯!」

そして晩秋の夜長は お家でいただくお酒も多くなる頃。
ぐいっと呑みほす ぐい呑にくらべ、大ぶりの酒盃は ゆったり味わいたい相棒。 青藍色と茶褐色の縦縞柄(トクサ文様)がすっきりと小粋な酒盃です。

飯碗

【 飯 碗 】

瑞々しい新米、きのこや栗 秋の味覚をふんだんに使った炊き込みご飯。 お米が主役の秋の食卓。
こちらの飯碗は、持ち方にこだわった陶工からのご提案。「手のひらに高台の底の部分を乗せ、ご飯を勢いよく掬いあげるのが作りたかった」 とのことです。ごはんを頬張る姿は、見ていても美味しそうですものね。
お店では小鉢とてしての用途としてもおススメしております。 旬の果物や、具が大きめの煮物などにいかがでしょうか。ぜひ、 この秋を味わいつくす一器であればと思っております。

◆ お店から季節の器のご提案 ◆ バックナンバーはこちらからどうぞ。

その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。
今も、私たちの作品は、一品一品、手で作っております。
手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心が
しみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。

それは美術品や飾りものではなく、
生活にゆとりや潤いを持たせてくれる器なのです。
ですから、毎日お使い下さい。
徳利に花、
皿に剣山をおいて花器、
茶碗に見える自由自在な器、
どんな使い方でも結構です。
毎日お使い下さい。
それが私たちの願いです。

いらっしゃいませ
慶山焼へようこそ

会津慶山焼

・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00〜18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com