会津慶山焼
ろくろがまわる
〒965-0813 福島県会津若松市
東山町石山天寧67

TEL  0242-26-2507
E-mail   aizu@keizanyaki.com
営業時間  9:00~18:00 無休

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
令和元年 5月23日  慶山焼・曲山貴子です。

日焼けしそう五月晴れですが、朝晩は肌寒さが感じられ 小鳥たちのさえずりも伸びやかに聞こえます。週末からはさらに気温が上がり真夏日の日もあるようですので、体調管理と こまめな水分補給で梅雨入り前の夏を快適にお過ごしくださいませ。
さてすこし早い夏の便り・・・ふくしまプライドの桃が収穫期を迎えているようです。カリっとした桃から、とろっとした桃まで ひと夏の間にいろいろな味わいが楽しめます♪ゆっくり夏がやってくるとうれしいのですが~


もくじ
陶芸教室
体験学習
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
工房


慶山焼へようこそ
令和 皐 月 ( 五月 )

5 / 1  「 令和 」おめでとうございます


起き上がり小法師のミニ瓦燈(香立て)に
令和バージョンができました。

六角番茶碗

そして陶工のこだわりは 手に持って感じる形のおもしろさ。
見た目にはロクロで引いた円形の湯呑ですが、手に取ると
しっくり馴染む六角形が感じられます。六角の角に施した
線彫り模様も指がかかる感触で、滑り止めの効果も・・・
「デザインを手で感じてもらいたい」とのことです。

5/25 更新
【 六角番茶碗 】
5月19日に窯から出たばかりの番茶碗です。 今回の窯は釉の流れが美しく涼しげな紫色に仕上がりました。

番茶碗というと お茶の種類を限定した頑固な湯呑のようですが、 飲み口が広く背が低めのかわいらしい形をしています(笑)。 熱いお湯で茶を淹れるので、少し厚手に引いて手に熱が伝わりにくくし、熱いお茶を冷ますために口広の形をしています。

六角番茶碗
梅の葉コーヒー

5/1 更新
いよいよ令和元年の幕開けです。 万葉集「梅の花の歌」から引用された令和には ~人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ~  との願いが込めら込められており、梅の花に喩えられた 凛としたやさしい情景が浮かびます。

【 梅の葉コーヒー 】
薫風にそよぐ葉っぱの上に 梅の花のカップをちょこんとのせた、コーヒーカップ。カップとソーサーが一体化し、持ち手にも新鮮な感覚が伝わります。「自然の美しさを愛でるような平和な新しい時代の日本」に思いを募らせ、、、まずはコーヒーブレイクでほっと一息。

梅の葉コーヒーはこちらです  


季節の器のご提案 バックナンバーはこちらからどうぞ。

会津慶山焼



・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00~18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com