会津慶山焼
ろくろがまわる
〒965-0813 福島県会津若松市
東山町石山天寧67

TEL 0242-26-2507
E-mail   aizu@keizanyaki.com
営業時間  9:00~18:00 無休

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
2021.5.10 慶山焼・曲山貴子です。

五月晴れの陽気となり「さつき」の花が目に鮮やかです。 新緑も色が濃くなり、空気も一段と美味しく感じられます、初夏の景色は元気が出ますね。
心地よい季節、何をするにも丁度よくやきものづくりの工程もスムーズに進んでいます。 今回は窯の火入れがタイミングよく、春の遠足に陶芸教室で作られた作品が早めに完成しています。 お手製のお湯呑で美味しいお茶を飲んでくださいね。


もくじ
陶芸教室
体験学習
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら NEW   
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
工房


慶山焼へようこそ
3匹の牛 皐 月 ( 五 月 )

♪高く泳ぐや こいのぼり~

祝い事好きな「ぼっさん」たちです。
5月

5/1 更新
【 初夏の装い 】
ゴールデンウィークからはじまる5月。 心地よい陽気に誘われるように 5月は行事が盛りだくさんですね。
1日は八十八夜を迎え そろそろ新茶の季節
9日は母の日
お店も初夏の暮らしをイメージして 色とりどりの器を揃えました。



十草酒盃(手前右)
急 須(奥左)はこちらからどうぞ
5月 5月

3匹の牛 卯 月 ( 四 月 )

「モ~桜が咲きましたな」
三頭の牛くんたち井戸端会議のようです
赤呉須飯碗

吹墨丸飯碗(写真右)はこちらからどうぞ
刷毛塗り
4/8 更新
【 春の飯碗 】
三月末に焼いた春の器たちが窯からでました。どんな仕上がりかどきどきする瞬間・・・
白色の粉引と赤呉須の絵具とを掛け合わせて色をつくるため、その窯によって濃淡が変わりますが、今回は ふわっとした華やかな桜色に染まっていました。凛々しくて優しい桜の景色が想い浮かびます。21年春は幸先のよいスタートでしょうか♪
丸ボウル

丸ボウルは こちらからどうぞ

4/2 更新
【 新生活に多用途の器 】
春爛漫、春は何かといそがしい季節ですね。 花が一斉に咲き出でるように、いろいろな事がやってくる感じがします。 ぜひとも、栄養のあるものを しっかり食べて、この季節を楽しみましょう♪ という思いから、 いろいろな用途に使えるボウルをご紹介させていただきます。

若手の陶工が手掛けており シリアルを食べるボウルが欲しかったとのことです。口づくりを内側に向けた丸みのある形と  ゴロ目(ロクロで引いた指の跡)が特徴。スプーンですくいやすくて 片手でも持ちやすく、 深さがたっぷりしていますので 丼ものやスープカレーなどにもおすすめ。元気の出そうな丸ボウルです。


季節の器のご提案 バックナンバーはこちらからどうぞ。

まちなか周遊バス・あかべぇです

・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00~18:00  ◇年中無休


〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL: 0242-26-2507    FAX: 0242-26-2503
E-mail: aizu@keizanyaki.com

この投稿をInstagramで見る

会津慶山焼(@aizukeizanyaki)がシェアした投稿