会津慶山焼
ろくろがまわる
いらっしゃいませ!
あなたは1998年12月24日
クリスマスイブより

人目の陶芸家です。

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい日常づかいの器をつくり続けております
  

2017. 8.19 慶山焼・曲山貴子です。

残暑お見舞い申し上げます
朝方に一雨あったので空気が ひんやりとしておりましたが、雲間から日が射込み(蝉しぐれと共に)うっすら汗ばむほどの陽気になりました。不思議なもので さっきまで秋の装いをしたサルスベリの花が 陽射しを浴びて夏の鮮やかなピンクに感じられるのですから…季節に寄り添う花の知恵でしょうか。
変わりやすい空模様に 工房でも成型後の作品を天日に干すか、室内乾燥か日和見です。


もくじ
陶芸教室
工房
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
体験学習


慶山焼へようこそ
8月 * おもてなしの器 *  

【 かぶ絵尺皿 】

子どもの頃のお盆の思い出といえば
全国から親戚が集まり(昔は兄弟も多かったものですから)
大皿の並んだ食卓を囲んで大宴会です。
そのまま ふらり盆踊りに出掛けたり、
道すがらの肝だめしなど
夏の楽しみがぎゅっと詰まっていました。
ですので、大皿を見るとわくわく感が蘇ります。
大人数の時には巻き寿司や天ぷらなどが
どんと盛りつけられていましたが
さすがに食べきるのはむずかしそう(笑)。
おもてなしの感動は そのままに
数品の酒の肴など盛り合わせ
箸をのばして取分けるスタイルはいかがでしょうか。
賑やかな食卓が夏の思い出になりそうです。

かぶ絵尺皿

【 かわり一輪差 】

 ハギ、キキョウ 
 クズ、フジバカマ
 オミナエシ 
 オバナ、ナデシコ
 秋の七草
ゆったり咲く野の草花は
涼やかな風がよく似合いますね。
朝晩に秋の気配が漂いはじめる立秋の頃。
冷房を止めて からりと開けた窓から
虫の声が聞こえてきました。

変わり一輪差

第19回 うつくしまトライアスロンin会津

父なる磐梯山、母なる猪苗代湖の大自然コースで
繰り広げられるアスリートたちの熱い戦い
うつくしまトライアスロンin会津。
今年は8月27日の開催です。

入賞された方へ贈られる表彰盾を
慶山焼が制作いたしております。
今回のデザインは・・・・・(まだ未完成です)。
器の制作とちがい、筆の勢いよりも
正確さが求めれる作業に メガネをかけて集中。

会津の夏をしめくくる鉄人レース、
多くの皆さまにご満喫いただける大会となりますよう
私たちも応援いたしております。
くわしくは 
会津若松観光ナビ
福島民友新聞社をどうぞ

盾
慶山焼
◆ お店から季節の器のご提案 ◆ バックナンバーはこちらからどうぞ。

その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。
今も、私たちの作品は、一品一品、手で作っております。
手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心が
しみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。

それは美術品や飾りものではなく、
生活にゆとりや潤いを持たせてくれる器なのです。
ですから、毎日お使い下さい。
徳利に花、
皿に剣山をおいて花器、
茶碗に見える自由自在な器、
どんな使い方でも結構です。
毎日お使い下さい。
それが私たちの願いです。

いらっしゃいませ
慶山焼へようこそ

会津慶山焼

・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00〜18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com