会津慶山焼
ろくろがまわる
いらっしゃいませ!
あなたは1998年12月24日
クリスマスイブより

人目の陶芸家です。

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい日常づかいの器をつくり続けております
  

2017.3.28 慶山焼・曲山貴子です。

雪が消えた田んぼにフキノトウの花がぽちぽち咲いています。早速いただいた春の味は・・・ほろ苦さも新鮮ですね。 日替わりの空模様で季節が行ったり来たりしていますが、そんな中、会津若松税務署にあるソメイヨシノが、一輪、花を咲かせました。若松市内でも一番はじめに咲く桜ではありますが、、、それでも今年は早い桜のたより。今年は景気がよくなるのでしょうか〜〜(笑)。開花予想では鶴ヶ城の桜が13日ごろの開花、こちらは平年通りのようです。
慶山焼でも 「桜の器」が窯から出始め、お店に並びました。今年は色が少し濃く、満開の桜みたいです。 ネットギャラリーにてご紹介しております。どうぞご覧くださいませ。


もくじ
陶芸教室
工房
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
体験学習


慶山焼へようこそ
3月 * 穏やかな白の器 *  

ずっしり積もった雪原を 春の光がまぶしいほどに照らします。
長かった冬も間もなく終わりを告げる頃。

3月は 「白流し釉」 の器をご紹介させていただきます。
白く発色する灰釉でも、ひしゃくで釉薬をしたたらせ掛ける、
「流し掛け」にすることで、流れるような白の濃淡をつくります。
春の雪のように、幾重にも白い層を成す器の中に春を呼んで。

【 変わり一輪差し 】
花屋さんに色とりどりの花が並び、
卒業シーズンを彩ります。
春の花は、ほのかに甘く香り
花ことば以上に たくさんの思い出が
込められているようです。

白い花器はお花を優しく引き立て
お店でも人気の色。
ブーケのように色んなお花を纏めたり、
庭に咲いたお花を飾ったり
お家の中にも春の気配を。

変わり一輪差し
コーヒーカップ・白流し

【 コーヒーカップ 】
3月20日は春分の日。
昼の時間の方が長くなってきて、
夕方が心持ちゆったりしますね。
お茶の時間も少しずつ長くなってくるのかしら(笑)
春のお茶には 彩りを鮮やかにする白いカップで
琥珀色のコーヒーや 春色のハーブティーなど。

【 四葉フリーカップ 】
飲み口の四方を窪ませ
クローバー形に模られたフリーカップ。
飲み口の口当りも場所によって
印象がかわるので新鮮です。
「♪ 春の弥生のこの佳き日〜」
お雛様を眺めながら、
白酒でほろり酔いしれてみては・・・

四葉フリーカップ
◆ お店から季節の器のご提案 ◆ バックナンバーはこちらからどうぞ。

その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。
今も、私たちの作品は、一品一品、手で作っております。
手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心が
しみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。

それは美術品や飾りものではなく、
生活にゆとりや潤いを持たせてくれる器なのです。
ですから、毎日お使い下さい。
徳利に花、
皿に剣山をおいて花器、
茶碗に見える自由自在な器、
どんな使い方でも結構です。
毎日お使い下さい。
それが私たちの願いです。

いらっしゃいませ
慶山焼へようこそ

会津慶山焼

◆ ♪は〜るよこい ◆

・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00〜18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com