会津慶山焼
ろくろがまわる
〒965-0813 福島県会津若松市
東山町石山天寧67

TEL 0242-26-2507
E-mail   aizu@keizanyaki.com
営業時間  9:00~18:00 無休

伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
2021.9.17 慶山焼・曲山貴子です。

夏と秋の雲が混在する晴天で、お天気もピリっとする夏の日差しに 秋の風が心地よく吹いています。9月に入り景色が変わり、今は彼岸花の赤色が 目に鮮やかです。シルバーウィークには秋のお彼岸に入ります、過ごしやすい気候が続くといいですね。
今週末から会津まつり開幕です。規模縮小のため市中行進はなくなりましたが、 ライブ配信でじっくり観覧できるようです。今がふんばりどころ、一致団結した感染症対策の取組に「エイエイオ~!」


◆会津若松観光ナビ 会津まつり ライブ配信 はこちらからどうぞ


もくじ
陶芸教室
体験学習
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら NEW   
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
工房


慶山焼へようこそ
あそんで・あそんで♡ 長 月 ( 九 月 )

秋は楽しいことがいっぱいです♪ 
コーヒーカップ

9/17 更新
【 粉引飯碗 】
収穫の秋、いよいよ新米の季節がやってきました。米どころ会津は 今年ももっちりつやつやのおいしいお米に育ったようです。 ごはんが主役の季節、なによりのご馳走ですね。
こちらは「粉引-こひき-」の飯碗です。素地の土肌に白い泥で白化粧してから釉薬をかけますので、 やわらかな風合い、手にすると温もりが伝わってきます。 さらに ごはん茶碗はみなさんそれぞれの持ち方があるようで、大きさはもちろんですが形もいろいろです。

飯碗 はこちらからどうぞ

コーヒーカップ

9/2 更新
【 三角珈琲 】
開放的な夏から しっとり時間の流れる秋のはじまりにわくわくします。 秋の夜長、心を落ち着かせる一服のコーヒーも 秋ならではの味わいですね。

コーヒーの色を鮮やかにする うす紫色のカップ、香り広がるラッパ型の飲み口、 コーヒーを飲む前から楽しんでいただけると思います。 もちろん、カップを手にした時の収まりもよく、デザインと使い心地が調和した三角珈琲です。

敬老の日の贈りものとしても おすすめです
コーヒーカップはこちらからどうぞ


猫面魚 葉 月 ( 八 月 )

なんとも涼し気な金魚と思いきや・・・
猫面魚です
湯呑

8/18 更新
【 落ち着いた お茶の時間 】
秋の訪れの早さに戸惑いながらも、温かいお茶にほっと癒されています。 急須を傾けて 最後の一滴までじっくり淹れるお茶、時間もわすれるひとときです。

この季節 会津はちょうど「かぼちゃ」の出回る頃。カボチャのお菓子やホクホク煮はお茶請けにもぴったりですね♪  秋のお彼岸までは残暑と涼秋を行ったり来たりしそうですので、栄養と休息をしっかりとって、季節の変わり目を元気にのりきりましょう。

お茶が冷めにくい 大きめ湯呑はこちらからどうぞ

蕎麦皿 蕎麦皿

   8/2 更新 【 白い器 】
   真っ白い釉薬にすっきりした土肌がアクセントになった、夏に似合う器です。
    ★氷たっぷりのアイスコーヒーには大きめのマグを。
     淹れたてのホットコーヒー派さんは小振りのコーヒーカップがおすすめです。
    ★数種類のお料理を盛り合わせるワンプレートは 平たい皿で見た目にも涼し気。
   さらに器を冷やしてからお使いになりますと、土の保冷効果によって新鮮な状態が長続きします。
   残りの夏も、涼を呼びこみ爽やかに過ごす工夫をしていきたいですね♪


季節の器のご提案 バックナンバーはこちらからどうぞ。

新緑の季節です・会津慶山焼

・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00~18:00  ◇年中無休


〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL: 0242-26-2507    FAX: 0242-26-2503
E-mail: aizu@keizanyaki.com

この投稿をInstagramで見る

会津慶山焼(@aizukeizanyaki)がシェアした投稿