会津慶山焼
ろくろがまわる
いらっしゃいませ!
あなたは1998年12月24日
クリスマスイブより

人目の陶芸家です。
伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
2017.12.13 慶山焼・曲山貴子です。

今日13日は正月事始め。 新年を迎える準備が始められる頃ですね。 鶴ヶ城では恒例の「飯べらの焼印押し」が行われております。初詣の方に贈られるめしべらは「福をめしとる」「敵をめしとる」との縁起物(雪景色の中、屋外でひとつひとつ丁寧につくられています)。この飯べらでごはんをよそったら、一年おいしいごはんがいただけそうです(笑)。
ちなみに・・・会津の大雪もけさには納まり、除雪された路面はもう水飛沫を上げています。


もくじ
陶芸教室
工房
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
体験学習


慶山焼へようこそ
12月 * 師走の合間にほっこりする器 *  

今季は会津も積雪が早かったので、急かされるように冬支度がはじまりました。
でも雪が溶けてしまえば またいつものように 工房はロクロの音が響き、土と向かい合う日々。
でも・・・年末恒例の大掃除となると 一気に師走モードに切り替わり、
工房のもの(ロクロも)すべて移動して一年の土をひたすら拭き上げます。

今年最後の窯納めの火も止まり、静まりかえった頃に聞こえてくる除夜の鐘・・・
慌ただしい12月にほっとするひとときを。 ほっこりする器のご紹介です。

マグカップ

【 ペアのマグカップ 】
慶山焼のマグカップの中でも大ぶりの方で  250mlほど入ります。はじめは吹墨マグ (右、紅色)を限定で制作しましたが、 ブルー釉でのご要望もいただいてから  どちらも定番へ。
マグカップを支える取っ手は指に納まりよく、 高台も広く安定感があります。 ゆったり過ごす冬時間に ぜひお勧めしたいぺアマグです。
(吹墨マグは 12月中旬ごろ窯から出るため、風合いが変わる場合がございます)

ブルーマグ はこちらです
吹墨マグカップ はこちらです

そば猪口

【 そば猪口 】
旬の食材が豊かな12月、さらに行事食やクリスマス料理にと
台所はいっそう大いそがしですね。
例えば そば猪口ですが、多様使いにして
冬至かぼちゃや 小豆粥、 クリスマスのデザートなどの小鉢にしたり
珍味は浅目に盛って 筒向付など、お楽しみが込められた器づかい。
締め括りは年越しそばの本来の用途として
(さらに会津地方の風習で 新年を祝う「元旦そば」にも活躍します)。
手のひらに納まる一器で、年末をいただいてみてはいかがでしょうか。

そば猪口 はこちらです

くら犬 めい犬

【 わんこの箸置が 窯から出ました 】 来年の干支「戌」を記念してつくられた お箸置です。
夕暮れの工房でゴニョゴニョつくられてゆく 自由気ままなわんこたち。
表情がさらに豊かなになって 窯から出てきました(笑)。 中には箸置の用途に迷う子も・・・
毎日食卓で愛敬たっぷりの「いただきます」。「ワンダフル」な一年でありますように。

◆ お店から季節の器のご提案 ◆ バックナンバーはこちらからどうぞ。

その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。
今も、私たちの作品は、一品一品、手で作っております。
手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心が
しみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。

それは美術品や飾りものではなく、
生活にゆとりや潤いを持たせてくれる器なのです。
ですから、毎日お使い下さい。
徳利に花、
皿に剣山をおいて花器、
茶碗に見える自由自在な器、
どんな使い方でも結構です。
毎日お使い下さい。
それが私たちの願いです。

いらっしゃいませ
慶山焼へようこそ

会津慶山焼
・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇年末年始 営業時間のご案内◇
12月31日 9:00〜 17:00
 1月 1日  10:00 〜18:00
1月2日より平常通りです 心よりお待ちいたしております

◇平常 営業時間 9:00〜18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com