会津慶山焼
ろくろがまわる
伝統を大切に受け継ぎ
使い勝手のよい器をつくり続けております
2018. 12.14  慶山焼・曲山貴子です。

十三日は年中行事の正月事始め。会津も神社などで すす払いが行われ、慶山焼でも少しずつ大掃除にむけた小掃除(?)を始めております。やはりメインは 工房のロクロまわりや 窯小屋のススですので、全員総出の かなり大掛かりなのもの。窯焚きの合間に行われる「その日」が来るまで、お店はちょこまかフライングです(笑)。
さて けさは気持ちも洗われる真っ新な雪が降り、澄んだ空気が年末年始を思わせるようです。ちょっとハッパをかけられた気持ちで 正月事始めです(笑)。


もくじ
陶芸教室
体験学習
■ 慶山焼のネット・ギャラリー ねぎゃら  
■  陶芸教室 自分の作品につつまれた生活
■ 学生のみなさんはこちらへどうぞ  体験学習
■ 工房 企業秘密満載 
■ 慶山焼はどこかな? 地図
■ お問合せ お手紙ピュー
ねぎゃら
工房


慶山焼へようこそ
12月 * ゆっくり師走 *  
ブルー楕円皿

【 ブルー楕円皿 】
気がつけば師走。いつもならば気ぜわしく思う頃ですが 会津は降雪がないためか 気持ちものんびりとしております。年の瀬に慌ただしくなるのかしら(笑)。
何かと行事の多い12月は、お料理もつきものですね。すべてを揃えようと思うと 師も奔走する忙しさになってしまいますが、まずはテーブルコーディネートを楽しむ感覚で 器選びから始めてみてはいかがでしょうか。
たとえば食卓でぱっと目を引くブルーの器を使って クリスマスのご馳走をシックな彩りにしてみたり、お正月のお料理一品一品を色鮮やかに盛り合わせたり。プレートに見立てた器は、重ねても軽やかなイメージですので自由な組合わせもお楽しみいただけると思います。

楕円プレート はこちらです

切立マグ

【 ペア マグカップ 】
冷えた身体を温める、あたたかい飲みもの。コーヒー・紅茶に加え 冬はココアや抹茶など やさしい味わいと鮮やかな色合いに癒されます。
マグカップも両手でぎゅっとする 背の高いタイプで ぬくもりが感じられる陶製のマグ器が人気となってきます。 慶山焼の陶土はキメが細かく、陶器にしては薄く引いてありますので 口あたりも自然な感覚。朝の一杯にもおすすめです。

切立マグ はこちらです

コーヒーセット

【 生活と工芸展 】
来年の話ではございますが~ 3月23日、24日に 「生活と工芸展」を開催いたします。第4回目となる今回は〜会津の春しごと〜をテーマに会津の伝統工芸品が揃います。
慶山焼でも、出展に合せて普段づかいの器に 新たな伝統を取り入れた新作の器づくりがはじまります。お店では開催に先立ってテーブルコーディネートの展示。こんな器が欲しい~と工房へ要望中です。

福島民報社・フレフレふくしま応援団
今回初めての試みで、開催の資金はクラウドファンディング(ご支援)を利用させていただくこととなりました。
「会津の工芸品を毎日使ってもらうために生活と工芸展を開催したい」プロジェクト。ご興味をお持ちの方へ、ご覧いただけましたら幸いです。

店舗
◆ お店から季節の器のご提案 ◆ バックナンバーはこちらからどうぞ。

その昔、鶴ヶ城の瓦を焼いていた事がはじまりであるこの慶山焼。
今も、私たちの作品は、一品一品、手で作っております。
手にもってしっくりいく感じ、作り手の技と心が
しみじみと伝わりゆくようなものだけを作り続けております。

それは美術品や飾りものではなく、
生活にゆとりや潤いを持たせてくれる器なのです。
ですから、毎日お使い下さい。
徳利に花、
皿に剣山をおいて花器、
茶碗に見える自由自在な器、
どんな使い方でも結構です。
毎日お使い下さい。
それが私たちの願いです。

いらっしゃいませ
慶山焼へようこそ

会津慶山焼



・ 会津慶山焼 ・
あいづ けいざんやき

◇営業時間 9:00~18:00  ◇年中無休

〒965-0813 福島県会津若松市東山町石山天寧67
TEL 0242-26-2507 FAX 0242-26-2503
E-mail aizu@keizanyaki.com